FX自動売買の体験談レポ

FX自動取引の手法とは

FX自動売買の体験談レポ

 

FX自動取引は投資を行うさいに一定の売買ルールを設定し、それに従って売買を行うというものです。通常の売買と異なり一定のルールをもって売買するため、一定期間の波がある投資に向いており、特にFX取引において広く使われています。

 

FX取引では外国の通貨を売買することでその差益を得るという仕組みで、証拠金を預けることで小さな資金からでも参加することができます。一方で外国通貨は短期間に大きく動くことは少なく一定のサイクルで上下しています。長期的に見れば上昇傾向なるか下降傾向にあるかの違いはありますが、株式と異なり急激に上昇や下降するということはあまりありません。また証拠金取引ですので、少ない資金で大きな通貨の売買を利用することができるので、FX自動取引に向いています。

 

FX自動取引は、判断材料とする指数などを決め、それに則って売買を行います。一般のトレードでもそれらの指数を参考にして売買を行いますが、最終的に判断とするのは個人の意思であり、一時的な上昇や下降のさいに恐怖心から手仕舞いしてしまうことになります。このため大きな利益を得ることが難しく、また反対に損害が大きくなるといったデメリットがあります。

 

一方で、FX自動取引の基本は、コンピュータプログラムを利用して、自動的に取引を行うものです。コンピュータプログラムはFX取引業者が提供しているもののほか専用ツールを利用して行うことになります。またFX取引では多種多様な注文方法が用意されているため、擬似的にFX自動取引を行うことができます。FX自動取引のポイントは、売買のルールを決めることであり、あとはそれを上手く行くかどうか管理することにあります。もちろん、完全に自動的に売買し利益を得られるものではなく、適切に修正する必要がありますが、それでも従来の売買方法に比べて、為替相場に張り付くといった時間的なデメリットを解消することができます。

 

 

FX投資にFX自動取引を利用しました

FX自動売買の体験談レポ

 

私はFX投資をしているのですが、仕事が忙しく投資をする時間をとれなくなっていました。それでなにかいい方法がないかと調べてみると、FX自動取引というものを見つけました。このFX自動取引とは自動で投資をしてくれるもので、自分が相場を見られない時でも対応してくれるプログラムでした。最初そのことを知った時はプログラムで投資ができるのかと考えたのですが、有名な投資家も利用していると聞いて興味を持ちました。

 

それからしばらくFX自動取引について調べていき、どういうものかわかってきたので一度利用してみることにしました。最初は少額の投資をやらせてみて、どんな動きになるのか細かく確認をしていきました。FX自動取引の投資を見ているとちょっと問題も感じたので、そういう時は調整をしていって私に合った投資をするように指示をしました。そうやって数週間調整をしてそれなりの形になったので、私が仕事をしているあいだの投資を任せてみました。

 

正直どうなるか不安もありましたが、仕事が終わって確認をしてみるとそれなりの利益になっていました。かける金額を少なめにしていたので、大きく勝つことはありませんでしたが想像よりも上手くいっていたので驚きました。それからもFX自動取引を利用した投資は行っていて、忙しくて投資ができない時によく利用しています。ただ自動取引への不安もあるので、あまり大きな金額ではかけていませんがそれなりにうまくいっています。

 

また最近はFX自動取引のプログラムを利用して、相場の予測のデータを作りそれを使って投資をしています。そのような形で利用をすると相場の予測がしやすくなって、以前に比べてFX投資をする時の負担が減りました。FX自動取引を利用する時は最初は不安もありましたが、いまは非常に便利なツールとして重宝しています。このプログラムの勝率はかなり良く、私の投資プランの手助けをしてくれるいい協力者になっています。

 

 

FX自動取引の持つ魅力とは

FX自動売買の体験談レポ

 

FX自動取引は、株式の売買やFX取引などを自動化するもので、多くの業者が取り入れるようになっています。これまでも指値注文や逆指値など、いくつかの注文を組み合わせることによって、購入と売却をある程度自動化することはできていたものです。けれどもFX自動取引の場合には、より細かく指示を出すことによってあたかも自分で操作するかのような形で取引を行うことが可能となります。

 

また大きなポイントとなるのが、心理的な影響を受けずにルール通りの取引を行うことができる点です。シミュレーションの取引では上手く利益を出せていたのに、実際にお金を賭けるようになると何故か上手くいかない経験は、誰にでもあるものです。これは、心理的なプレッシャーにより思わぬ悪い手を打つことがあるために起こる現象です。普段通りのルールならホールドする場面で、相場の動きが反転しそうだと判断して手仕舞いしたことにより、その後の大きな波に乗り過ごすことは多くあるものです。

 

FX自動取引であれば、このような自己判断を行わないために、決められたルール通りの取引を行うことができます。そしてその履歴を分析することにより、利益率を高めるようにルールに修正を加えることができます。実際にFX自動取引を早くから導入している機関投資家は、常に相場の動きに合わせるようシステムを最適化しています。この影響を受けて、これまでは上手く利益を出せていた取引手法が通用しなくなったという経験をすることになるわけです。

 

これは、そのような利益を出している取引方法を上回るようなシステムを常に構築していることが背景にあります。そして今では一般の投資家も、そのような取引の最適化を行うことによって、相場の動きに上手く順応できるようになります。つまり、デイトレードなどのこれまでの投資スタイルは、FX自動取引の普及によって大きく変化するようになるということです。取引のシステムをいかに最適化するかが利益をもたらすようになるわけです。
参考サイト:FX自動売買の簡単な始め方!

FXトレードにおける分割決済の良し悪しを知っておく

 

FXの決済の仕方の戦略として分割決済を使っている人は結構います。トレードを勝ちで終わらせるために勝っている時に半分前後のエントリーを決済しておくやり方です。利が乗っている所からのマイナスはショックもあるので、初心者に近いほど推奨されるかも知れません。ですが、分割決済も良い悪いがあるんですよね。

 

・分割決済の良い所
良い所としては、負けた時は減益を少なく、勝った時は確実に利益をとっていける所があります。リスクを少なくする意味合いもありますが、どちらかと言えば安定を強くした側面がありますね。相場はいつ反転してしまうか分かりません。勝ちへの反転ならまだ良いですが、勝っていたのにいきなりマイナスでは精神的ダメージも多いです。ですが、ポジションを半分利確しておいて残りを±ゼロ決済できれば少しは利益が出ます。±ゼロの所にストップを置けるのも精神的に楽ですからね。やってみると、利益は減る確率があがりますが、確かに安定はするようになります。

 

・反対に悪い所
分割決済は、文字通り分割させるのでちゃんと勝った時の利益が減ります。理想的に行った場合は、6割から7割ぐらいの利益になっている事になるでしょうか。細かい幅を取って行く場合はそこまでの違いにはならないと思いますが、いわゆる損小利大の色を強く戦略に組み込んでいる場合は、あまりいい方法ではありません。利幅が大きいために分割した時の
減る利益もとても大きくなってしまいます。その場合だと分割決済すると成績がゴリッと落ちてしまう人はとても多い傾向があるようです。他の部分でリスクを取っているので、価値トレードの時に更にリスクを減らすのは勿体ないですね。一回のトレードでの利益、利幅が大きい場合は、利益を減らし過ぎてしまうのは分割決済の悪い所です。

 

自分が合っているのかどうかは実際にやってみて数字にしてみるのが一番ですが、性格も多く関係してくるので一概にも言えません。利益が減ったとしても精神的苦痛が緩和され、なおかつ数字が良い状態なら分割決済は使った方が良いと思います。

続きを読む≫ 2016/05/05 11:12:05

世界の為替に敏感になるFXの魅力について

 

FXとは、外国為替証拠金取引のことで米ドルと円など2つの通貨の交換ルートがFXの基本となります。FXの魅力は市場規模の巨大マーケットを相手に少額資金で取引が出来るということです。2つの通貨の交換レートは日々上がり下がりがあり、その流れを予測して交換していきます。通貨ペアの動きを予想して、的中すれば利益が出るという仕組みです。
何よりコストが安く、小額から始められるのでローリスクでもコツコツ資金を増やしていくことが可能です。また、ある程度増えたらレバレッジを少し上げて投資効率をあげるということも可能です。レバレッジは少額の証拠金を預けるだけで大きな取引が行えるということです。

 

FXは相場の局面に関係なく利益を出すことができます。外貨預金は円を外貨に交換して預ける商品ですが、外貨の価値が上がらないと儲かりません。外貨預金に預けた後に円高が進んでも金利がついて損をする可能性もあります。ですがFXなら外貨を買うだけでなく売って利益を得ることもできます。
つまり円が上がっても下がっても収益があるのです。

 

24時間取引が出来るのもメリットと言えるでしょう。日本の株式市場では午前9時から3時までしか市場が開いていませんから日中にしか売買が出来ません。FXの為替市場は平日ずっと動きがあり、出勤前などチャートを確認して注文だけいれたり。自分のライフスタイルに合わせて取引できます。

 

今はモバイルの対応にも力を入れているので相場の状況や、設定されたレートになると外出先でもメールで受け取ることもできます。FXも金利と同じ仕組みがありますが、外貨預金の魅力は海外の高金利を受け取れることです。これをスワップポイントといいます。買った方の通貨の金利をもらって、売った方の通貨の金利を支払うといった感じです。現在日本の借金が増えているので、この先心配なのはインフレと円安です。円だけで大切な資産を保有しておくのはリスクも高すぎるので、外貨を持つのは資産防衛と管理から見てもとても有効です。リターンが大きい分、リスクもあるのが金融商品です。そこを理解してバランスよく始めればとても面白い取引です。このようにFXはこれからも大きく成長していく商品です。

続きを読む≫ 2016/05/05 11:11:05

嫌な予感は現実に。嫌な相場だと思ったけど、今は怖い相場だと思う

 

東京時間の日経平均、中国株、クロス円、すべてがすごい動きをしました。日経平均は215円安からスタートして、円高へと向かいました。チャートを確認すると、中国指標が発表された10時45分辺りから下げがきつくなっています。午前中の変動がへの字に見える。午後も下げて、600円も安くなって取引を終了しました。中国株のほうは、日本以上に楽観視できない様子。本国の指標は良くなく、午後になると中国CSI300指数はサーキットブレーカーが発動。

 

しかし、下げ止まらず7%も安くなったところで取引停止になりました。クロス円は、東京株式市場がスタートしたとき、米ドル円は堅調でした。え~っ、日経平均が215円安なのに、高値圏で推移してるのって信じられない!と、なんか違和感を感じました。でも、豪ドル円は下げてるし、高値から50PIPSも下げて行き過ぎている。この時点でなんか嫌な予感がしました。10時45分に中国の指標が発表されると、嫌な予感は現実のものとなりました。クロス円が一斉に下げ始めた。見るのが嫌になってパソコンを閉じる。

 

午後になって開くと、東京時間だけでも1円近い値幅があることに気づきました。そして東京株式市場が終わりに近づいたころ、中国CSI300指数はサーキットブレーカーが出動するニュースを見てしまい、嫌な現実はさらに怖い現実に変わってしまいました。この相場、怖い。豪ドル円下げてもほとんどリバウンドしないもん。どこまで円高が続くのか、始まったばかりの今年がこれからどうなっていくのか考えると、恐ろしさに震えそう。

 

もしも私が今年第1回目の相場とともにFXデビューしていたとして、相場の恐ろしさを知らずに豪ドル円をロングしていたとしたら、あまりにも思い描いたFXの世界が違いすぎて退場していたかもしれない。FXを始めるタイミングって大事だよね。記事を読むと、トラウマからロングが出来なくなったとかショートできなくなったというものに出会うことがあるけど、なんかわかる!って思う。今日のような相場だったら絶対ポジションを持つのが怖くなってしまいます。だから、いい相場でFXデビューした人は幸せだなって思う。

続きを読む≫ 2016/05/05 11:11:05

外貨預金の代わりに運用できるFXのスワップポイント

 

多くの銀行などで外貨預金が取り入れられるようになってきておりますので、既に外貨預金で資産の運用をされているという方も多いと思います。しかし外貨預金を実際に行ってみると手数料が非常に高いということが分かってきますし、その手数料分の金利を得るためには長期間運用しなければならないということがあって、大きな利益を得たいという方には不便に感じることが多いと思います。

 

また、外貨預金では取引ができる通貨が非常に少なく限られてしまっているので、いわゆるメジャーな通貨がメインとなってきますので高金利の通貨で取引がしたいという希望を持っている方でも、仕方なく低金利なメジャー通貨で運用するしかないという現状があるのです。

 

そうした外貨預金に対する不満を持っている方の中で、FXトレードにおけるスワップポイントを目的としてFXトレードに参加される方も多くなってきております。こうしたFXトレードによるスワップポイントが注目される背景としては、FXトレードにおける手数料が非常に低コストであるということが挙げられます。現代ではFX会社による手数料はほとんど無料に設定されておりますし、通貨トレードの際に必要となるスプレッドも狭く設定されておりますので、実質的な通過売買の手数料は外貨取引と比べてみても数十分の1という少なさで利用することができるようになっているのです。

 

さらに、FXトレードにおいては世界のマイナー通貨と呼ばれるような高金利の通貨取引も出来るようになっておりますので、スワップポイントを多く受け取れるような高金利の通貨のポジションを保有することで大きな利益を得るというトレーダーの方も増えてきております。特にFXトレードにおいてレバレッジを1倍にして運用する場合は外貨預金と同じような効果を期待することができる投資方法になってきますので非常に安定的な投資方法となってきますし、為替レートの変動に心理的ストレスをあまり感じずに取引ができるというメリットを持っているのです。

続きを読む≫ 2016/04/12 15:12:12

2日連続人民元を切り下げ。日経平均は本日3桁のマイナスで引ける

 

中国は前日、人民元を切り下げました。ニュースを見ると、今回は大幅な切り下げだったそうです。実施するという報道もなくいきなり踏み切ったので、市場は混乱を始めました。人民元のレートが変更になる前の日経平均は3桁のプラスで寄り付く好調ぶりを発揮しました。おかげで豪ドル円は92円後半まで高値更新を見せていました。1時間後に切り下げが発表されるとオセアニア通貨は嵐のように下落。日経平均も崩れていき、午後には200円超えの下げになっていました。

 

2桁のマイナスで東京株式市場を終了。本日は、2桁のマイナスでスタートし、人民元の基準レートが発表されると前日より安いもので日経平均は嫌気しました。瞬く間に下落を強め、一時400円超えの下落になりました。結局日経平均は-327円の20392円で大引けしました。ヤフーの経済のところを見ると、きのうに引き続き人民元のこと、日経平均のことが話題になっていました。記録的な動きをしたときは必ず取り上げられるので、すごいことが起こっているんだと実感。

 

人民元、2日連続の切り下げ。日経平均の下げも目に止まったけど、人民元事件なんて体験したことがないので強いインパクトがあります。思わず読んでしまった。2日連続で切り下げたことで米国の批判を買う可能性がある。現在の人民元の水準は2011年8月以来の約4年ぶりの水準。こんなことが書いてありました。切り下げによって米国の利上げが遅くなる可能性もあるので、中国だけの問題では済まされません。

 

これ以上の切り下げはあるのか?私はないと信じたいですが、経済が冷え込むと中国はお構いなしにやってきますから、怖いです。しばらく東京時間のトレードは出来そうにありません。人民元絡みでこんなニュースも印象的でした。IMFは11日に行われた人民元の基準値切り下げについて、為替相場の自由化になる第一歩になると歓迎したというもの。あと、中国が国際金融市場で役割を果たすには「為替レートの柔軟性が重要だ」と強調もしています。

続きを読む≫ 2016/04/12 15:12:12

FX取引会社を決める際の要点と気をつけること

 

インターネットが普及するようになってきており、FX取扱業者も非常に多くなってきておりますが、これからFXを始めてみたいという方にとってはFXサービスが多すぎてどこを選んだらいいのか迷ってしまうということがあると思います。

 

もしFXの口座開設で迷ってしまっているという方がいらっしゃいましたら、まずは手数料を比較することで出来るだけ安いFX会社を選択するということが大切になってくるのです。最近のFX会社のほとんどが口座維持手数料や取引手数料を無料にしていることが多いのですが、サポート内容によっては手数料が必要になってしまうというFX会社もありますので、手数料に関しては事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

 

次に手数料と同じような費用としてスプレッドというものがあります。これはFXでトレードをする際に必要になってくるもので、実質的な手数料と考えられているものであります。外貨預金と比べてみると非常に少額に設定されているものでありますが、少しでもコストを軽減したいという方にとっては、このスプレッド範囲ができるだけ狭く設定されているFX会社を選択することが低コストに抑制するために欠かせないものになってくるのです。スプレッドの設定はどこのFX会社も同じような値になっていますが、何度も取引されるというトレーダーの方は出来るだけ狭い設定になっているところを選択しておくと一回ごとのコストを抑制することができるのです。

 

また、FXにおいてはレバレッジ効果というものが大きな役割を果たすものでありますが、このレバレッジの設定によってFX口座に預けてある金額以上の取引を実現することが可能になってきますので、自分の希望するレバレッジ設定ができるかどうかも口座開設の前にチェックしておくことでスムーズにFXトレードに参加できるようになってくると考えられます。FX専用の比較サイトなどでもまとめられるようになっておりますので、FX会社を選ぶ際には比較サイトを参考にするのも重要になってくると考えられます。"

続きを読む≫ 2016/04/12 15:11:12